マガジンのカバー画像

あたまがきんに君の読書感想文

8
紹介したい本の要約と読書感想文をまとめます。 要約も解説付きで結構しっかり載せてあるので読んだ気になれます。 また私の感想文も書いてあるのでそちらも読んで一緒に理解を深めていきま… もっと読む
今後も定期的にいろんな本の読書感想文を追加し続けます。 記事の本数に応じで徐々に値段を上げていく予… もっと詳しく
¥300
運営しているクリエイター

記事一覧

優れた起業家が実践する「5つの原則」 エフェクチュエーション

MOROHAの「革命」ってめっちゃいい曲ですよね。トレーニング中に聴くと普段よりもパワーが出ま…

今起きていることの本質を掴むシステム思考

最近はジムでバタフライをしているんですが、水泳っていうのはすごく面白くて。というのも筋肉…

300
27

Product Led Growthを読んで

あたまがきんに君です。Product Led Growthを読んで思ったことを書きます。※今の組織に対する…

300
17

自分の小さな「箱」から脱出する方法を読んで ~感想編~

本記事は、こちらの記事の後編になります。 はじめにこの本は、Google, IBM, NIKEなどの有名…

16

自分の小さな「箱」から脱出する方法を読んで ~要約編~

こんにちは、先日なかやまきんに君と蝶野正洋と一緒に誕生日を迎えて25歳になったあたまがきん…

300
13

なぜ部下とうまくいかないのかを読んで

こんにちは、脳筋です。 普段いろいろな物事を考え続けていると、しょっちゅう壁にぶち当たり…

300
14

すべてはモテるためである

この本との出会い 私は12月末で現職を辞め、新しい職場で働くことにしたんですが、退職時にチームリーダーにこの本をもらいました。自分だったら積極的に避けるようなタイトルの本でしたが、チームリーダーが薦めてくれたという点と、本のラベルには最近読んだ「暇と退屈の倫理学」という本の著者のコメントが書かれていたので、好印象でした。 本を読もうと思った目的 目的はチームリーダーが私に本書を薦めて下さった意図を理解することと、その上で、自分の仕事のやり方をアップデートすることです。チ

デュアルキャリア・カップル第一章を読んで

 最近、彼女と同棲を始めるかどうかという話をしていて、揉めてしまった。しかし、彼女と揉め…