マガジンのカバー画像

Scrap and Build

84
私の創造筋をパンプアップしてくれた素敵なクリエイターの記事を紹介します。よくわからないと思うので、もう一つよくわからない言い変えを添えておきます。 要するに、自分の世の中を見る目…
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

自己分析を定義する

こんにちは、脳筋です。脳筋の欲求は当然ながら筋肉による美の追求です。ギリシア彫刻のラオコ…

本当に意思決定が必要なことって、実は少ないかもしれない

先日、こばかなさんと意思決定の話をした。その話のまとめメモ。 意思決定の遅さや、先延ばし…

1,394

インセンティブは諸刃の剣?コミュニティメンバーをTakerにさせない報酬設計

コミュニティ運営の課題の1つに「モチベーション(動機)」と「インセンティブ(報酬)」のバ…

グロースサイクルの本質とは何か?

私はGoodpatchという会社でクライアントワークを通じて、様々な企業や事業・組織にUXデザイン…

國光俊樹
4年前
494

これから影響力を持ちたい人は何から発信するといいのかを考えてみた

最近「影響力を持ちたい!」という人が増えている感じがします。もっと端的にいうと「お金を持…

けんすう
5年前
3,299

ロードマップに機能を書くべからず

機能を書くならバックログにまず機能だけが書かれたロードマップから見ていきましょう。時系列…

CTOの頭の中:技術を財務で表現する

会社の体制が大きく変わり、カオスの中に少しの静寂(暇)ができました。特に日々執行に勤しんでいる方々は皆そうだと思いますが、色んなこと考えているのにそのプロセスをアウトプットする機会があまりなく、結果や結論、最終的な決断のみが共有されるため、サクセッションプランに対する有効な情報を残すことも出来ていないことと思います。僕もその一人。 この時間を有効に活用するため、頭の中にあるイメージと考え方をここに、時間の許す限り吐き出していこうと思います。時折、言葉が足りないところも前提条

The SPACE of Developer Productivity (Japanese ver.) Presented by Dr.Nicole Forsg…

今回は、以下動画をもとに”開発生産性におけるSPACE”について記事にまとめたいと思います。 …

ゆーだい
11か月前
18

Moat(モート): スタートアップの競争戦略概論

moat /moʊt/ [名] (都市・城壁の周囲に掘られた)堀 Moat(モート)とはウォーレンバフェット…

グランズウェル ソーシャルテクノロジーによる企業戦略

この本が上梓されたばかりの頃は、グランズウェルといっても、それは萌芽に過ぎなかった感もあ…

暇と退屈と疎外、そして贅沢 "暇と退屈の倫理学3/5"

疎外を感じる場面はどんな時か?  これまでの章では、暇と退屈の定義や歴史的背景、哲学的視…

yohaku Co., Ltd.
3週間前
12

哲学的視点から見る暇と退屈 "暇と退屈の倫理学2/5"

暇と退屈を掘り下げる  第一部では、暇と退屈の定義とその歴史的背景について探ってきました…

yohaku Co., Ltd.
4週間前
13

暇と退屈の定義と歴史的背景 "暇と退屈の倫理学1/5"

今、暇を感じていますか?  暇と退屈の倫理学から「暇」と「退屈」について考えていきます。…

yohaku Co., Ltd.
4週間前
37

noteのサービス設計で参考にしている本

noteのサービス設計で、参考にしている本など。チームメンバーと価値観を共有するためにも、オススメの本を集めてみました。 経済政策で人は死ぬか? 公衆衛生学から見た不況対策経済危機に国家がどのような経済政策ととったか。それが天然のA/Bテストになりうるという話。本書では、世界中の経済危機や動乱のなか、経済政策や衛生政策の違いで、市民の生死がどのように変化したかを分析した本。危機時に、どのようなテコ入れをすべきかの参考に。 国家はなぜ衰退するのかnoteのようなコミュニティ